ポイントは2種類の酵素!

 

人間の必要とする酵素には、体の中で作るものと、外から摂るものがあります。体の中で作るものを「潜在酵素」といいます。潜在酵素には消化酵素と代謝酵素があります。また、食べ物に含まれ外から摂るものを食物酵素といいます。

 

食べ物の消化を活発にする「消化酵素」

消化酵素は、食べ物が体内に入ってきたときの食べ物を体に吸収できる状態まで分解する働きをする酵素です。

 

一般的に酵素の特性として、対象とする物質をえり好みする性質「基質特異性」があります。例えば消化酵素において、三大栄養素では、炭水化物にはアミラーゼ、タンパク質にはプロテアーゼ、脂肪にはリパーゼというふうに、それぞれの酵素には1つしか役割がありません。

 

体の代謝を活発にする「代謝酵素」

代謝酵素は、体内の代謝の働きを担う酵素で、主に次のような働きがあります。

 

  • 吸収した栄養を体の隅々の細胞まで送り、有効利用させる。(新陳代謝)
  • 毒素などの有害物質を汗や尿の中に排出し、体内をきれいにする。
  • 体内の細胞の悪い部分を治す。(自然治癒力)

体を健康に保つ仕組み「酵素バランス」とは?

人間には個人差はあれど、一生のうちで作れる潜在酵素の量には限りがあります。そして潜在酵素は生成される場所が同じため、数学的に、消化酵素と代謝酵素の和として考えることができます。

 

  • 潜在酵素の量(一定) = 消化酵素の量 + 代謝酵素の量

 

したがって、例えば、ご飯を食べ過ぎて消化酵素の量が増えると、その分、代謝酵素の量が減ります。なので、その後の筋肉や髪の毛のようなタンパク質合成や、毒素の除去、お肌のターンオーバーなどの機能が、代謝酵素が減った分、衰えてしまいます。このため、消化酵素と代謝酵素は、おのおのの量のバランスが重要になります。

 

では、どんなことが潜在酵素のバランスを崩してしまうのでしょうか。
それには以下のようなものがあげられます。

 

  • 脂っこいものをたくさん食べる
  • 肉類や、スパイスなどの刺激物を多く摂る。
  • 消化に時間がかかるものをたくさん摂る。

 

これらの行為は、消化酵素を作るのに多くのエネルギーを消費してしまい、代謝酵素の量が減ってしまう原因になります。代謝酵素が減れば、食べ物を吸収できずに体に蓄えることになり、私たちは太りやすい体質になってしまいます。

体の外から取り入れる酵素「食物酵素」

産後ダイエット,酵素ドリンク,体質改善

 

食物酵素は読んで字の如く、食べ物に含まれる酵素で、その酵素を含む食品を食べることでしか私たちは摂取できません。主な酵素を含む食品としては、野菜や果物、生の肉や魚といった生の食べ物、そしてみそや納豆、ぬか漬けなどの発酵食品があります。

 

また、一般的に酵素は熱に弱いという特性があります。従って、例えば生の食品を加熱調理してしまうと、酵素を取ることができません。食物酵素の中には、焼き魚に添えられている大根おろし(ジアスターゼ)のように、体内の潜在酵素の働きを助ける酵素もあるため、加熱したものばかり食べるのではなく、積極的に生の食品も食べることが必要です。

効率よく食物酵素を摂取には?

食物酵素は生の食べ物からとれます。ですが、1つあたりの食べ物に微量しか含まれていない酵素もあるため、そういった酵素を十分な量をとろうとするのは大変です。

 

そんな時におススメなのが「酵素ドリンク」です。

 

酵素ドリンクには1つの商品に何種類もの酵素を凝縮したものが売られており、美容成分が含まれているものもあります。

 

そういった酵素ドリンクを摂取することで、崩しがちな酵素バランスを上手に補い、痩せやすい体質を維持することが可能です。

 

無理なエクササイズに挫折したという人でも、酵素ドリンクは飲むだけ。これなら三日坊主のアナタにも続けられそうですね。